かずさんぽ

めぐりめぐる どこまでも

ヴィーガン歯磨き粉

f:id:azzk107:20190312212831p:plain

こんにちは。かずきちです。

最近、歯磨き粉を新調しました。

 

●新しい歯磨き粉

f:id:azzk107:20190312215843j:plain

これを使いはじめました。

感想としては、泡立ちにくいですが洗い心地は良いです。何より市販の製品だけれど、きちんとヴィーガンマークがあるので安心して使用できています。

f:id:azzk107:20190312215905j:plain

日本産の製品にこのマークが付いているのはけっこうめずらしくて、商品選択時にいちいち原材料をチェックせずともヴィーガンだとわかるので本当にありがたいです。

 

そういえば気になるのは、近頃増えている「ボタニカル」という売り文句。

これの定義ってなんなのでしょう。。?

植物由来の成分が少しでも入っていればボタニカルなのか?別にボタニカルだからヴィーガンってわけではなさそうなのです(わたし調べ)。

個人的には、ボタニカルだから良い!という販促側からの刷り込みという印象です。ボタニカルを売りにするならヴィーガン製品をもっと増やしてほしい

 

●もともとは手づくりしていた

f:id:azzk107:20190312215927j:plain

以前は、自作の歯磨き粉を使っていました。

作り方は超簡単。重曹にペパーミント精油を数滴垂らすだけです。

 

一年くらいこのやり方でずっと作っていました。

利点としては、安い・旅行での持ち運びが楽・歯が白くなる。

 

なのですが、歯は白くなるけど歯茎が傷つきやすい・味がまずいという二大欠点があってやめました。

 

個人的には、歯磨き粉のチューブを買うよりもごみが出ないし経済的で、手作りするに越したことはないんですけどね。

今後、よりよい手作り歯磨き粉の作り方があったらそっちに移行しようかなと思っています。

f:id:azzk107:20190312220044p:plain

《近況報告》これからのこと

 f:id:azzk107:20190308231250j:plain

こんにちは。かずきちです。

2018年5月にフィンランドから帰国後、引っ越し(往路)→大学復学→卒論→引っ越し(復路)を経て、現在、就職へ向け充電期間を過ごしています。

 

●このブログで綴ること

やっとブログを書く余裕ができたので、これからまた少しずつ更新していこうと思います!

これからは主に、以下のことについて書いていこうかな〜と考えています。

 

●記事カテゴリーを編集しました

リフレッシュもかねて記事のカテゴリーを以下のようにしました。

 

 

5. フィンぐらし」と「#フィンランド一周」、「#ヨーロッパ旅行」については、もう更新することはないと思いますが、一応残しておきます。思えば、この日々が今の自分をつくった

フィンエアーの便利な使い方やプチ旅行ハックなどについても書いているので、興味のあるひとはのぞいてみてください。

 

●気持ちを新たに更新を続けます

ここ数ヶ月、ブログを離れていた間も少しずつ記事を読んでいただいていたようで、みなさんありがとうございます。

春からは山形の片田舎で、海と山に囲まれて社会人生活をはじめます。森と湖のフィンランドといい、やっぱりわたしにはこれが合っている

これからもよろしくお願いします!


 

 

 

卒論のテーマが人生のテーマになりそうな予感

f:id:azzk107:20181031111944p:plain

Moi!かずきちです。

最近もうずっと卒論に取り組む日々なのですが、これがけっこうディープなテーマで、こうなったらブログで紹介しちゃおう!(考えも整理されるし)ということで今日はその第一回です。

 

●パームオイルについて考えまくる今日この頃

f:id:azzk107:20181031111216p:plain
卒論のテーマはすばり「パームオイル」です。

おそらく知らない人が大半かと思いますが、これは植物油脂のひとつで、アブラヤシの実から採れる、世界で一番消費されている油です。

f:id:azzk107:20181031111223p:plain

そしてこれがとっても便利な油で、酸化しにくく加工しやすい特徴があり、カップ麺やファーストフードの揚げ油やチョコレートなどの加工食品をはじめ、洗剤やシャンプー、化粧品、バイオ燃料として活用されているんです。

変幻自在アメージングな油です。でも、そのアブラヤシの生産国では、かなり深刻な問題が山積みで、悲しい事実があるんです。

 

●オランウータンが困ってる。人も苦しんでる

f:id:azzk107:20181031111222p:plain

パームオイルの主な生産国はインドネシアとマレーシア。

熱帯雨林が広がる自然豊かな地で、アブラヤシは栽培されます。でも、その緑いっぱいの原生林は、アブラヤシ農園開発のために、ここ30年で急激なスピードで伐採されているんです。

そして、それまで森で暮らしていたオランウータンをはじめとする動物たちが住処を失い、現地住民と衝突したり(日本のクマ問題みたいなイメージ)して、どんどん個体数が減り、今では絶滅の危機に瀕しています。

木と木の間が50m離れただけでも、オランウータンは行き来できなくなると言われています。

さらに、アブラヤシ農園で働く人々は低所得層や違法滞在者がほとんどで、そういう人たちは過酷な労働条件の下、低賃金で必死になって働いています。

1日のノルマをクリアするために家族総動員で子どもたちも駆り出され、教育の機会が奪われたり、農薬に含まれる強い成分による健康被害があったりするんです。

 

●消費国の日本では

そんな背景がある中、消費側の日本ではパームオイルの存在すら知られていない印象があります。

わたしが「パームオイルについて卒論やっている」と話しても、「パームオイルって何?」という反応がとっても多いです。

実際はコンビニで売っている商品の50%に含まれている、日常生活とは切っても切り離せないものなんですけれどね。。。

そしてこういう消費者意識、社会での認知度を上げるには、企業や政府による取り組みが必要不可欠だと思っています。

で、卒論では、日本として企業や政府はどういうことをしているのか、これからどうなっていくのかということを調査しているというわけです。

 

●テーマを決めたきっかけはやっぱり

最近もうこういう環境問題の話題とかしか出してないような気がしますが、今回もそうです。パームオイルに興味を持ったきっかけは、ヴィーガンになって世界で起きている色々な問題の側面を知ったことです。

そう考えると、留学して、ヴィーガンになって、自分の生活が文字通り一転しました。考え方までガラッと変わっちゃった。

 

azzk107.hatenablog.com

 

何が起こるかわからないですね。

自分のことなのに、この先3年後の自分さえどうなっているか想像できません。一年前に今の自分を全然描いてなかったし。

パームオイルについて、もっと知りたい!と思ってもらえたらうれしいです。これから少しずつ小出しにしていこうかな〜と思っています。

f:id:azzk107:20171023013110p:plain

ごみを出さない生活。まずはティッシュをやめました

f:id:azzk107:20181031102128p:plain

Moikka!かずきちです。

今日はゼロウェイスト生活について、こんなことしてるよ!というのを紹介したいと思います!

●要するにかっこいい生き方

ゼロウェイストというのは、〝生活する上で出るごみを限りなくゼロに近づける〟という考え方です。

フィンランドにいたとき、ヴィーガンになり環境問題への関心が高まったのがきっかけでこの考え方を知り、わたしも実践することにしたんです。

具体的には、買い物のときに包装されていない野菜や商品を買ったり、使い捨てのものの使用を避けたり、マイ〇〇(箸、ボトル、エコバック)を持ち歩くなどの心がけをします。

そして個人的に超感化されたのがこの動画。生き方がかっこいい。

www.youtube.com

興味がある人はこれも。

www.youtube.com

 

●アクション1:ティッシュを使わない

f:id:azzk107:20181031172315j:plain

わたしがまず始めたのは、ティッシュを使わない・買わない、ということです。

そして、使い古したハンカチをジョキジョキはさみで切りティッシュサイズにして、ジャーに詰めました。

f:id:azzk107:20181031172333j:plain

幼少期に着てた浴衣の切れ端とセーラームーンのハンカチ

使っても洗えばいいだけ、部屋に置いても「箱ティッシュを置くよりなんかかわいいじゃん」と思っています。

 

●想像以上に気持ちいい

こんなことをしてますが、前までは全然環境問題に興味すらなかったわたし。

でも、ゼロウェイストを知って自分で行動するようになってから、不思議なことに精神的な面でもプラスになっていると感じます。

しかもごみを出さないって、結構ミニマリズムにも繋がっているんですよね。

ヴィーガン・ゼロウェイスト生活をしていると、自然と購入できるものの範囲が制限されます。さらに余計な包装がなくてシンプルなものしか買わないとなると、超スカっとします。しかも、「このアクションでちょっと地球が救われた。いいことしてる♪」という気分になる。

ただの生活にクリエイティビティが加わって、けっこう楽しみながらやってます。

f:id:azzk107:20171023013110p:plain

ヴィーガンになったわたしが毎日食べていたもの①《フィンランド編》

f:id:azzk107:20171024001318p:plain

Moi!かずきちです。

肉も卵も乳製品も食べない、と言うと「じゃあ一体何食べてるの?」と聞かれることが多いので、今日はわたしのフィンランドでの食生活について紹介したいと思います!

 

●朝:フルーツやオートミール

f:id:azzk107:20180915153201j:plain

バナナ・くるみ・ココアパウダー

フィンランドにいたときは授業が昼から始まることも多かったので、朝はわりとゆっくり起きてお昼まで家で過ごしていました。

そういうときは、軽くバナナやりんごを食べます。

f:id:azzk107:20180915153208j:plain

もちろん丸かじり

午前中にも授業がある日は、オートミールにバナナなどのトッピングをしたものを食べていました。

●昼:学食

f:id:azzk107:20180915153610j:plain

授業のある日のランチは学食を利用していました。学生割引で安く食べられるので、とってもお得です。

また、ビュッフェ形式で自分の好きなものを好きなだけ食べられます。

▽詳しくはこちら

azzk107.hatenablog.com

 

●外食:ヴィーガンレストラン

f:id:azzk107:20180915154022j:plain

前に紹介しましたが、どこか外に食べに行くときはトゥルクにあるPure Heroというレストランがお気に入りでした。

今は名前が変わって、powauとなって他店舗も拡大中のようです。今度トゥルクに行ったら押しかけようと思っているところのひとつです。

 ▽詳しくはこちら

azzk107.hatenablog.com

 

f:id:azzk107:20180915154028j:plain

ランチビュッフェは毎日メニューが変わるので、当時は本当に毎日行きたい気持ちで生きていました。(フィンランドでの外食は高い。。。)

 

●おやつ:豆乳ヨーグルトなど

f:id:azzk107:20180915155110j:plain

スーパーでヴィーガン向けに売られている乳製品スナックの代替品として、豆乳ヨーグルトや植物性ミルクを使ったアイスクリームがあります。

f:id:azzk107:20180915155124j:plain

アイスクリームに目がないわたしにとって、手軽にヴィーガン向けアイスが手に入るフィンランドのスーパーが恋しい今日この頃です。

f:id:azzk107:20180915155128j:plain

また、ヴィーガン向けのお菓子は基本的にふつうの商品よりも高いので、買うよりも自分でクッキーなど作ったりもしていました。

これはオーツ麦粉とココアパウダー、ライスミルク、バナナ、ピーナッツバターをミックスして作りました。けっこうハードでずっしりなクッキーで、おいしかったです。

f:id:azzk107:20180915155132j:plain

 

●自炊のときは

写真を全然取っていなかったのですが、自炊もけっこうしていました。

というか、ヴィーガンだと外で食べるにしても選択肢がギュッと絞られるのに加えて高価なので、実際は自炊がほとんどでした。

食材としては、オートミール米粉麺、野菜、ライスミルク、ピーナッツバター、メープルシロップ、ココナッツシュガー、醤油、バルサミコ酢、こんぶ茶(ダシの代わり)、タヒニ、スパイス類などを使って料理していました。

一度ハマったら飽きるまで食べ続ける性なので、一時期はずっと自己流パッタイ米粉麺・野菜・ライスミルク・ピーナッツバター・ココナッツシュガー・醤油でつくる)をひたすら作っていました。これがおいしいんです。

今となってはライスミルクさえ手に入れるのが難しいので、ありし日が恋しいです。

お米の国日本のくせに、ライスミルクが売っていないってちょっと抗議したくなります(植物性ミルク自体、べらぼうに高い!)。 

f:id:azzk107:20171023013110p:plain