かずさんぽ

めぐりめぐる どこまでも

おもしろ今昔日記①:ナス顔が好きだ

f:id:azzk107:20180827143018j:plain

 

Moikka!かずきちです。

前に自分が書いた日記を見直していたら我ながらおもしろいことを書いていたので、少し抜粋して、今の心情も交えてアップデートしたいと思います。

 

●「ナス顔が好きだ」

最近やけにおじさんにモテる。

おじさんと言えども30~50代の幅広い層なのだけれども、これはいわゆる誰しもに人生3回は訪れるというモテ期のひとつなのだろうか。

 

考えてみれば、そもそも昔から同年代よりもおじさんに気に入られることが多かった。そもそもの始まりは中学2年生、14歳のときである。...

 

(中略)

 

...このような経歴をふまえ、自称「おっさんキラー」と名乗っている。(母公認)

 

その人(日記を書いた当時にモテていた相手)はあえて分類するならゴリマッチョという感じだけれど、わたしは細マッチョ派だし、なによりナス顔が好きなのである。

例を挙げるとバナナマンの設楽さんとか、小藪さんとか。最近見た映画でいうと『愛を読むひと』の青年とか。

ナス顔というのは、顔が角ばっていなくて、全体的につるっとしている顔である。思えば別に設楽さんとかもそんなにつるっとしている感じではない気もするが、わたしの中で何かの判断基準があり、この人はナス顔と判断しているようだ。

ナス顔が好きだと自分自身で気がついたのは大学生になってからだが、思い出してみれば、すでに物心ついたときから、わたしが心惹かれるひとはナス顔だった。どうしてだろう、自分が丸顔だから、同じようでちょっと違うナス顔というシェイプに惹かれるのだろうか。

 

そんなこんなしているうちに、フィンランド人のパートナーができた。彼の名前はヨーナス。ナス好きのわたしにとってはこの上ない人材である。

 

f:id:azzk107:20171023013110p:plain